2017年8月20日日曜日

ハイパー・スーパーホームハイポニカもどきの始動です。


スーパーホームハイポニカもどきも使用4年目に入り、表面に張った断熱シートが剥がれてきたリ、大きく育ち過ぎた苗を取り出すのに上蓋の一部を切断したり、満身創痍の状態になって来ました。又、本体の大きさに比べポンプの非力感が否めない事もあり改造する事にしました。
改造のポイントはすでに報告の通りです。
①水中ポンプのパワーアップ RIO+400から800へ
 関連して排水口をTS20タイプに拡張
②アルミ蒸着断熱シートをはがし、共同技研化学のスーパーアルミテープVHに張り替え
③上蓋を7mmから10mmに、栽培穴部の厚みを20mmにする。
本体はそのまま使うので、従来の排水口は蓋をして、反対側にサイズアップした排水口)を取り付ける。以上の改造を実施しました。
完成したのが上の写真です。早速、青梗菜の苗を移植しました。これから春まで、葉物野菜畑になります。

2017年8月15日火曜日

ゴーヤ殺すにゃー、刃物はいらねえ!バルブちょいと締めりゃーよい。



今年のゴーヤは何故か元気がない。早くも枯れ始めました例年より1か月早い。猛暑で溶液温度が上がり過ぎ?など色々考えていました。所がふと気が付くとエヤーバルブの一個が閉まっています!!蔓が複雑に絡まって良くわかりませんが、よく見ると3株中1株の葉の枯れが多いことが判りました。大型の栽培槽の2株は青々としていますが、エヤーバルブが閉まっていた一株植えている栽培槽のゴーヤが枯れていました。
多分、7月末にミニカボチャを撤収した時にエヤーバルブのコックに蔓が引っかかって動いたのか?、ミニカボチャの栽培槽のバルブと思って誤って閉めたのか定かでありませんが、これが原因と思います。残念!!